これからの特別支援教育ってどうよ?

アクセスカウンタ

zoom RSS ユニバーサルデザインの教育とは Universal Design for Learning その2

<<   作成日時 : 2008/11/12 16:52  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

原則U いろいろな表現方法の利用

ガイドライン4:身体的活動を取り入れたオプション
〜不器用な子ども,運動機能に障害のある子どもたちのことも考慮に入れた様々なインターフェースを用いること
  で,全ての子どもたちが学習に参加できる。〜

@運動機能を考慮に入れる
 子どもたちの器用さに応じて,回答,選択,作文などの際,代わりの手段を提供する。
  ・自分に合った手段の選択をさせる(ノートを書く代わりにデジカメを使う)
  ・速度やタイミング,教師の身振りの大きさ等を考慮する

A情報の入手や活動の仕方をナビゲートする手段を提供する
 子どもたちがコントロールしやすい,相互作用のあるナビゲート手段を提供する。
  ・音声認識ソフトを使う
  ・マウスがうまく使えない子どものために,シングルクリックにする
  ・タッチパネルを使用する
  ・ジョイスティックを使う

B支援ツールを使う
 基礎となる学習を分かりやすくするために,子どもたちに合った支援ツールを使う。
  ・マウスの代わりにジョイスティックやキーボードコマンドを使う
  ・ビックキーボードを使う
  ・キーボードカバーを使う

ガイドライン5:積極的に表現するためのオプション
〜子どもたちに合った表現手段を用いることで,学習に積極的に参加することができる〜

@コミュニケーションに様々なメディアを使う
 子どもたちそれぞれに合った表現手段を提示することは重要である。
  ・子どもたちの表現に,筆記だけではない様々な手段を用意する。
   スピーチ,イラスト,ビデオ,パソコン 等

A問題解決に様々なツールを使う
 問題解決に様々なツールの選択肢を用意することで,子どもたちは,自分たちの能力と課題両方に適したツール
 を使えるようになる。
  ・子どもにあったツールを用意する
   読み上げソフト,録音,スピーチ,
   計算機,グラフ計算機
   ストーリーウェブ,イメージマップ

B繰り返し練習し,やり遂げるための手がかりを取り入れる
 スキルを自分で練習して身に付けたり,一人で学習できるように,段階的な手がかりを設ける必要がある。
  ・同じ結果になるが,アプローチの仕方が異なるモデルを提示する
  ・一人で学習できるような手がかりを与えてくれるツールを使う
   デジタルリーディングやライティングができるソフトの利用
  ・説明の仕方やフィードバックが違う人の提供

ガイドライン6:実行機能のためのオプション
〜実行機能とは,短期的には環境への反応に対して,人が衝動的に動かないように抑制する能力である。
 長期的には,目標に向けて効果的な方略をプランニングし,進捗状況をモニターし,必要に応じて修正する能力
 である。〜

@効果的な目標が立てられるようにガイドする
 子どもが現実的なゴールを設定できるよう,段階的な手だてを講じる。
  ・どんな努力がいるのか,どんなリソースが必要か,どんな困難が待っているのかを推測できるようにするための
   プロンプトや手がかり
  ・目標の結果の具体例を示す
  ・ゴール設定のためのチェックリストを作る

A目標へのプランニングと方略が身に付けられるようサポートをする
 目標達成のための方略を計画するために,様々な手だてが必要となる。
  ・考えたり行動する前に,「立ち止まって考える」ことを促すプロンプト
  ・活動の連続性が分かったり,優先順位の設定ができたりするようなプリントを使う
  ・到達可能な短期目標の中に,長期的な目標を入れないようガイドする

B情報やリソースを簡単に管理できるようにする
 ワーキングメモリがうまく作用しない子どももいるので,様々な手がかりやツールによって,情報が整理できるよう
 にする必要がある
  ・ノートの取り方のチェックリスト
  ・情報を整理するためのプリントを使う
  ・情報を分類,体系化できるようにするためのプロンプト

C進捗状況をモニタリングするための能力が高められるようにする
 自分の努力や練習が見え,学習の結果が見えるようにすることでモチベーションや集中を高めることができる。
  ・セルフモニタリングできるような質問
  ・現在の進捗状況をグラフや写真を使って示す
  ・結果について,自分でじっくり考えられるようにするプリント

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユニバーサルデザインの教育とは Universal Design for Learning その2 これからの特別支援教育ってどうよ?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる